安乗まるせいの あのりふぐ御膳

 
今日は、丸勢水産さんでホームページの打ち合わせがあるために安乗へ行った。



活魚問屋丸勢水産と、お食事処 まるせいはこんな感じで同じ敷地内にある。

ホームページ作成当初は、左の建物だけで、あのりふぐや鮮魚の水槽と加工所と

事務所だけの建物だった。

社長さんが「飲食店も経営したいんさ」とおっしゃっていた。必ず有限実行をする行動力のある方で、

この写真の裏には、新工場がまもなく完成する。



道路の向こうは、安乗漁港が見えています。


今期はまだ あのりふぐを食べていない私の念願叶って、

お食事処 まるせいさんで食事をすることになった。

入り口の戸を開けると、圧巻・・・満席になっているお客様たちがいっせいにこちらを見、

志摩男くん、思わず後ずさりをして暖簾を閉じてしまった。

平日だから予約なしでも大丈夫だと思ったのが甘かった。

気を取り直して、もう一度店内へ。奥様(専務・社長婦人)が快く奥の別室へ案内して下さった。

そちらには2席空いていた。

注文した料理が届くまでに、さりげなくというか、しらじらしいですが

入り口のお土産販売コーナーに向かって歩きながら、客数を数えてみると

41人。@@。41人とツイートしたけど、我々を合わせると43名だった。

これは、オープンしたてにも関わらず、客室を増やす改築をされるはずだ。


そしてこちら あのりふぐ御膳 3,000円は

旅番組で、野村監督夫妻が絶賛されたメニュー。



てっさ、てっぴ、から揚げ、あのりふぐの土瓶蒸し、ふぐ飯、香の物



今まで私は美味しさを「うまい」とか「最高」とか「デリシャス!!」とか表現してきましたが、

このてっさは、「たまりません」と言うべきか、「なんなんですか。この美味しさは!!」と

強く突っ込む勢いで表現するべきなのか・・・これは食べた人にだけ分かり合える

結局一言で言うと「最高に美味しい」となってしまうのでしょうね。





からあげも、あのりふぐは揚げると、白身のお魚なんだなーと再確認。

柔らかくてホクホクで美味しいです。



ふぐ飯は、炊き込みご飯なのかご飯自体にいい味が浸み込んでいて

子供に食べさせてあげたら喜んで食べるだろなー。



香の物とあのりふぐの土瓶蒸し

土瓶蒸しは口コミで評価が高い一品で、ふぐと銀杏入り

冬には温まりますね。

別注で ふぐまん


中には


ふぐの身たっぷりのふぐまんは、東京の高級料理店「中国飯店」の点心師さんによる手作り。

とろみがかったアンと、中国パセリ、鶏の旨みが効いています。



そして最後にこちらは

志摩S-1グランプリ(志摩シーフード料理王座決定戦)2010年に参戦し

「月間Simple賞」 受賞
これは嬉しいことですよね。三重県のグルメ紹介のローカル誌 Simpleですもんね。



春巻きの皮にはふぐ飯がたっぷりつまっています。一度は食べてみて下さい。

以上、

何につけても文句なしの、遠くから足を運んで食べに来られるだけの値打ちがある

志摩の魚屋さんとして誇れるお食事処 まるせい 事前にご予約されたほうがいいと思いますよ。

http://www.anorifugu.com/

あと、過去1年間の来店されたお客様の感想について後ほど、ご紹介させて頂きます。

お持ち帰り商品のご紹介も!!
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL